ご挨拶

ご挨拶

初めまして中島知賀です。
私は「心を大切」にする人が一人でも多くなると嬉しいと思っています。
「自分らしくいきいきと喜びに満ちた人生を歩んでいる」という幸せを実感でき、世代や性別、立場を越えて、人と人が繋がり合い、
慈しみ合う世の中になることを願っています。
その願いは私自身の心の経験からきています。

初めまして中島知賀です。
私は「心を大切」にする人が一人でも多くなると嬉しいと思っています。
「自分らしくいきいきと喜びに満ちた人生を歩んでいる」という幸せを実感でき、世代や性別、立場を越えて、人と人が繋がり合い、慈しみ合う世の中になることを願っています。
その願いは私自身の心の経験からきています。

自分のことが好きになれない。
小さなことをクヨクヨといつまでも悩んでしまう。
何をどうしたらいいのか、出口が見えずに苦しい。
自分はなんてダメなんだろうと自己嫌悪になる。
前向きになりたいけど、どうしてもなれない。
自分が何をしたいのか?何が好きなのかもわからない。
批判されるたり失敗するのが怖くて一歩踏み出す勇気がない・・・・などなど・・・

ここに上げたつぶやきは、ずっとずっと昔、30年ほど前の私のつぶやきです。
そして「こんな悩みなんて甘えだ」とずっと自分を責め続け、真っ暗な洞窟の中を手探りで彷徨い歩くような孤独な日々を過ごしていました。
当時、私は私の心のつぶやきを「うん、うん、そうなんだ」と私の身になって理解して受けとめて貰らいたいと強く願っていました。
評価されたり、諭されたり、なだめられたり・・そんなことはもう、こりごり。
「私の心を大切にして欲しい。私の心の声をただ聴いてほしい」とずっと思っていました。

私は子育てや自分自身のために心理学やカウンセリングを学び始めました。また、学びの過程で、私自身も深い傾聴によるカウンセリングを継続して受けてきました。カウンセリングが進むに従って、葛藤や矛盾を抱えて独りで闘っている苦しさが少しずつ消え、身体から力が抜けて心が軽くなっていく感覚を味わいました。自分の心が深く癒され、心が柔らかくなり成長していく実感を得ました。自分の感情、感覚、考えをより信頼できるようになり、安定し、決断力も上がってきました。こうした自分の経験を活かしたいと思うようになり資格を取りました。
現在は長年のカウンセラー経験を活かし、個人の方のみならず組織・団体・地域に向けて心の大切さを伝え、また心の問題に関する支援をしたいという願いのもとに2014年に独立を決意してカウンセリングルームを設立しました。

自分の心の成長は、自分を愛する旅のようです。これからもずっと大切にして続けていきたい心の旅です。そして人としても成長を続けたいと思っています。

Life at its best, is a flowing, changing process in which notting is fixed.(C.ロジャーズ)最も良い状態で生きることは、その中では、なに一つ固定されることのない流れるような変化していくプロセスである。

私の経験とカウンセラーとしての仕事が誰かのお役に立つことが私の喜びです。

ボイスマルシェ

ページトップ